リアルレポート

brotherのDCP-J577Nは高コスパな家庭用お手軽プリンター!

brotherのDCP-J577Nに乗り換えました

自宅のプリンター、さっそうと乗り換えましたジョナイヨです!(^^)!

※2013年に購入したcanon PIXUS MG6330 インクジェット複合機 PIXUS MG6330からの乗り換えです。

今回乗り換えの最重要ポイントが、コストでした!

お悩みNo.1の、純正インクが高くて使えない。。。
ここを解消したくて

クチコミ参考にしながら悩んだ末にDCP‑J577Nを購入したので、決定ポイントや設置場所に必要なサイズ的な事も詳しくレポートします!

レーベルプリント
USBフラッシュメモリーからのダイレクトプリント
コピーする時の自動紙送り

が必要な場合は他のprinterを選びましょう。

上位機種DCP-J978Nなら..

ADF(自動原稿送り装置)CD/DVD/BDレーベルプリントダイレクトプリント(メモリーカード/USBメモリー)

DCP-J978Nが気になる方は下記からページを確認してみてくださいね(^^)/


DCP-J577Nの外観とサイズとカバーを開けた場合

DCP-J577N外観、カバーUP
外形寸法(横幅×奥行き×高さ)

400×341×151mm(突起部を除く)

ですが、カバーを開けると、約44センチになりますので、設置場所注意です!

コピーやスキャナなど原稿台の使用頻度にもよりますが、設置場所が確保できるかどうか、は、結構重要なポイントです。

USBでの接続を検討している場合、ケーブルの長さとPCとの距離、その間で干渉するものがないかどうかもポイントになるので、購入前に設置場所がかくほできるかどうかも十分確認が必要です。(いまのところUSBをでなく、Wi-Fiでの接続で使用しているので、このレビューはWi-Fi接続の前提で続けていきます。)

DCP-J577Nと各デバイスとの接続

私はWi-Fiでの接続です。

Wi-Fiに繋がっているデバイス全部でプリンターをつかえるので(^^)/

いまどきのネットワークに接続することを前提としている機器だと、電源をONしてから、オートマティックに設定を完了させるよう、作業手順指示がステップ倍ステップで実行できるようにプログラムされているようで、便利です。(少々怖い気もしますが。。。)

プリンターをWi-Fiに接続する

一連で設定

PCとの接続も含め一連で作業を完了したい場合は、付属CDの一括インストーラーを実行するのが便利です。PCからCDに保存されている一括のインストーラーを実行。

Wi-Fi接続、PCへのドライバのインストール、テストプリントなど一連で行う用プログラムされているようです。私は全部は時間がかかりそうだったので、必要な事だけを個別で行いました。

先にDCP‑J577N側でWi-Fiを設定の場合

プリンタからWi-Fi接続

DCP‑J577N電源をONにした後、液晶に表示される内容にしたがって、Wi-Fiの設定を行います。※接続情報は事前にお使いの機器の設定要件を確認しておきましょう。

液晶に自動で自分のWi-Fiの情報が表示されたら、タップして、ファームウェアの更新「はい」でOKです。

ちなみに、下記のような画面も出たりします。必要に応じて、「はい」か「いいえ」

インフォメーション自動でbrother側とデータ通信しても良いかどうかのお伺い

 

すべてが、ダイアログ(対話形式)形式で進みますので、もしわからないことが出てきて、説明書で確認すると安心です。

スマホとのペアリング

DCP‑J577Nでの設定が終わって、プリンターをWi-Fiにつなげた後であれば、iPhoneからプリンターを選べるようになります。

※USBフラッシュメモリーからのダイレクトプリントには非対応

対応OS、付属品

付属品梱包内容

対応OS

Windows 10/8/8.1/7 SP1
macOS v10.11.6~

付属品

CD-ROM、スターターインクカートリッジ、写真光沢紙L判、ユーザーズガイド、保証書他印刷物

DCP‑J577Nを選んだ決め手(canon PIXUS MG6330との比較)

brotherのDCP-J577Nとキャノンピクサスの比較表とにかく、canon PIXUS MG6330使用時は、インクが高すぎて、なので、純正インクを使い続ける前提で選ぶとしたらbrother一択でした。

公式からの引用

例えば1回のインク交換で、A4カラー印刷が約500枚*1も印刷可能です。
写真入り年賀状の場合約870枚*2も印刷可能で、1枚当たり約3.7円*2と、とてもおトクです。

*1 カラーインクの場合の枚数です。

*2 上記のサンプルの絵柄で通信面のみを印刷した場合。印刷コストは、インクコストのみの数値です。(用紙コストは含みません)

https://www.brother.co.jp/product/printer/inkjet/dcpj577n/index.aspx

 


 

とはいえ

印刷品質、スピードなど他の機能面で、あまりにも使いにくいと困るので、事前リサーチした結論として、いままで使っていたプリンターが5年以上前のモデルだったこともあり、性能的にそこまでのギャップはないだろうと踏んで、購入を決めました。

実はCanon PIXUS MG6330は、レーベルプリントをしたくて選んだのですが、実際試用した5年くらいの間にレーベルプリントしたのって15枚くらい、しかも、使用回数としたら3回ほどでs。。

元来面倒くさがり屋の私なので、レーベルプリントのために別トレーを設置したりとかの手間がとっても手間に感じてしまい、もう、いいかな、ってなりました。。。

今回の乗り換えは、Canon PIXUS MG6330の顔料インク(黒)のノズルが完全に詰まってしまったと思われる不具合が起こったためなのですが、互換インクを使用していたことが原因のようです。(互換インクメーカーと何回かのやり取りをした結果)純正インク1セットの価格だけで比較すると、brotherと大差ないようにも思えますが、インクの減りがすごい早いのと、純正でも詰まったという口コミを目にしたことがあって互換を使用していました。

ちょっと残念だったところ

用紙トレーがちょっと面倒

A4と写真などの小さい用紙とをセットするトレーが物理的に分かれてはいるものの、手動レバーで使用する際、都度切り替えが必要。

用紙トレー切り替えレバー用紙トレー切り替えレバー(クリックで拡大)
用紙トレー

液晶パネルと用紙受けトレーが干渉する

液晶パネルと用紙受けトレーの干渉

液晶パネルが傾斜するようになっているのですが、最後まで跳ね上げると、その下に配置されている、紙受けのトレーを出すときに引っかかる。これは、知っていれば、どちらかを出すときに自分で気をつければいいのですが。あと数ミリデザイン的になんとかならなかったのかな、、と。

頼りない手差し

手差しを引き出すところ
頼りない手差し頼りない手差し

 

引き出した後に、気をつけないと、何かにちょっと当たった衝撃で部品が壊れるんじゃないかと少々心配になります。

番外編:保管を強くお願いされたカートリッジの保護部材。

これは捨てずにとっておかねば。。

捨てないでとっておくパーツ
ちょっと面倒を打ち消す価格設定で◎

と、いくつか、コストの面で難しかったのだろう。。と思わせるような少し作りがチープな個所があったりしますが、差し引いても価格以上の出来だなぁと思った次第です。

DCP-J577Nテストプリント

接続が完了するとテストプリントに移ります。

J577Nとcanon印刷テストここで若干のトラブル発生。マゼンタ一部印刷に欠落ありでした。が、すぐ解消。

DCP‑J577Nテスト印刷改良後

DCP-J577Nドライバの個別インストール

付属のCDから、一括でインストールを選ぶと、付属のソフトも一緒にインストールされます。

オートマティックで便利に作られているものほど、アレンジが効かない例です。

素直に従った方が後々面倒にならなそうなので、PC操作に明るくない場合は、CDからのドライバ個別インストールは避けた方が無難。

今回、ドライバーのみをインストールしたくて(※1)、個別にインストールをしていったのですが、すっごい(相当、引くレベルでした、詳細はここでは控えます)前時代的な作りで驚いてます。。スルっと行きたければ、多少余計なのが入ってしまうのには目をつぶって、インストーラーに従って一括でンストールした方がよさそうです。

※1.先にiPhoneからの印刷を試したくて、brother側のWi-Fiの設定だけ手動で済ませてしまったので、インストーラからインストールしたら、手順的にまたWi-Fiの設定させられそうだしなぁ、って思いましたので、自分的には作業をショートカットしたつもりでしたが少々はまりました。。。

ドライバー個別セットアップは、ウインドウズ側から追加の方が話が早かったです。。

brotherにはチャットサポートがあります!実際とても使いやすかったです。

電話でなくネット環境があればすぐ問い合わせできて便利!

DCP‑J577N印刷の実際

スマホから:

スマホから写真印刷をした結果、、これはかなり長く感じたので、写真印刷だけは、キャノンを継続使用するかもです。※ただ、写真を印刷する機会があまりないので、実際の試用上で不便を感じる機械はほぼなさそう

PCから:

モノクロはなにしろ早い!カラーも、デフォルトの設定で出してますが、見た目で特に困ることは無いです。スピード的にも、canon PIXUS MG6330とそれほど変わらない。両面印刷も問題なし。

というか、、

立ち上がりのスピードの速さが、感動ものです!

(canon PIXUS MG6330と比べるから?)
なにしろ、急いでいるときに、立ち上がるまでの時間がかかりすぎて、いったいこのプリンターはどこで何をしてるの???ってくらいの時間待たされることにイライラしすぎだったので、この変化だけでも、変えてよかったかな、って思えます。

DCP‑J577Nコピー

特に問題ありません。

チャットの問い合わせがめちゃ便利だった!

実は、使い始めて数日してから、プリンターの電源は入っているのに、PCから印刷できない現象になってしまい。。。どうしたものかと、brotherの公式サイトを見ると、チャットでの問い合わせができる!ということで、早速チャットで問い合わせしてみました。

少しだけ(数十秒)待ったけど、すぐに担当とつないでもらえて、その場で疑問が解決!電話だと、つながるまでイライラ待つ時間ももったいないですし、チャット最高!

という点も、brotherを選ぶ大きなメリットだな、と思いました(^^)/

【結論】brotherのDCP-J577Nに乗り換えて大正解

自宅で使う場合でコスパを優先するなら、この1台を選んで損はないです(^^)/


それではまた! See You Next Jonaiyo again!「ジョナイヨ」で検索でOK!

ABOUT ME
アバター
jonaiyo
おひとりママ歴6年目、我が子を守りたい、ただそれだけで突っ走ってます。好きなテーマ「時短」。好きな言葉「先行投資」。経験は宝! 頑張っている人、応援しています(^^)/ それではまた! See You Next Jonaiyo again!「ジョナイヨ」で検索でOK!
関連コンテンツ