備える、防ぐ

非常食を見直して、家族を守る、「最強の備蓄ルール」を作る、実践する!

非常食を見直して、家族を守る、「最強の備蓄ルール」を作る、実践する!

非常食選び、どうしてますか?

地震などの自然災害、いつ起こるか予測がつかない災害で自分が被災してしまった時。家族を守るのは、「命の水」食料です。

そもそも自然災害が少ない地域だったりで、被災経験があまりない(住まいで生活インフラが止まった経験がない)場合、リアルに非常食のイメージがわかずに、何を、どれだけ用意すれば?ポイントがわからなくて、なかなか備蓄品を上手にストックできていないかもしれません。

でも、いざという時、

家族を守るのは、あなたです。

私ジョナイヨは311で実家が被災。被災5日後、15日後に被災地入りしました。お金があっても食べ物が手に入らない。生活インフラである水、電気、ガスが止まっている。そんな中で避難(自宅含む)生活は続いていきます。

テントウ・ムシ子
テントウ・ムシ子
非常食のこと、真剣に考えてみませんか?

 

日ごろ、ちょっとの意識づけで、普段スーパーやドラッグストアで買っている食材のストックを非常食として活用すれば、家族を守るための最強の備蓄ルール、高コスパ!で、できちゃいますヨ!


とにかく「水は命」

水は命

とにかく「水は命」(大事なので何度でも言いますね)(^^)/

災害時、給水車から水をもらえば良い、と思っているなら甘いです。
そんなすぐには、来ませんので。

自分がいる場所の近くに?来るかどうかは運です。取りにいけるかどうかもその時の状況によります。

つまり、飲み水は自分で準備しとく!が家族を守る基本です!

水は普通のペットボトルの水で、備蓄を循環させればOK!なので、すぐ実行できますよ(^^)/

  1. まずは1日分の量=ペットボトル本数を把握
  2. 1日に必要なペットボトル本数を箱(2ℓ×6本)に置き換える

 

1日分の量

単純に1人(ひとり)1日3リットル

(最低限と思って、余裕があれば4リットル(ペットボトル2本)計算でも良いと思います)

2人(ふたり)なら1日6リットル

なので、

1日に必要なペットボトル本数を箱に置き換えると
非常時飲料水、備蓄目安量ジョナイヨ版非常時飲料水、備蓄目安量ジョナイヨ版(1箱は2ℓ×6本)

 

オススメは1週間分ですが、スペースの問題もありますので、家族の人数や状況に応じて。まずは3日分を目安に備蓄してみましょう(^^)/

生活用水の備蓄には、2リットルの空きペットボトルに水道水を入れて、トイレのデットスペースに置いておくのがオススメです(^^)/


非常食選び 最強の条件

これさえ押さえれば、かなり食品を選ぶのに迷わなくなる、というポイントが、

1.調理不要(火を使わない)

2.食器不要(容器が食器がわりとなる)

3.お箸、スプーン、フォーク不要(容器から直接口に運べる

なおかつ、私ジョナイヨのオススメポイント

その1.水分を多く含む

水は命(大事なので何度でも)。私ジョナイヨは震災5日後、15日後に宮城県の実家へ物資を届けに行きました。とにかく、水。そして口をそろえて言われたのが、寒い時期だったこともあり、「あったかい飲み物が欲しい」です。※暖かい、に関しては、火を必要とするので又違った条件となってきますが、菓子パンやお菓子など水分がほぼ含まれず食べると水分が欲しくなるものが配給される場合が多いので、自分が備蓄する非常食が水分を多く含んでいることは大きなポイントです。

その2.冷凍保存できる

これは、保冷材として使えるから。2つの大きなメリットがあります

  1. 停電時に冷蔵庫に保冷材として入れて使える
  2. 発熱時に熱を下げるために使える


ジョナイ子が小さい時から虚弱なため、突然の発熱はしょっちゅうでした。
普段冷凍庫で保存することで、急な発熱の時氷まくら、熱を下げるのに使えるコレすごく便利です。
額を冷やすのに保冷材は硬くていやがるけど、凍らせたウィーダインゼリーやおみかんは、熱で溶けた後自分の口に入るので、冷やすことに協力してもらいやすい!超絶おすすめの方法です(^^)/

ジョナイ子
ジョナイ子
お熱の時は冷たくてチュルってしてるのが食べたいよ

セレクトする食品が何であれ、この条件、ポイントに当てはまって、
保存期間を自分でチェックしながら備蓄、循環、アップデートして行くと、わが家の非常食「最強の備蓄ルール」が少しずつ出来上がっていきますよ!


非常食選び 自分と家族にピッタリな食材選びのポイント

備蓄といってもコスパ、気になりますよね?なので今日は主に、日常スーパーやドラッグストアで買って食べてるもので準備するコツをお伝えしていきます(^^)/

備蓄品を循環させて常に非常食をストックしておく。「備蓄循環」「ローリングストック」「スマートストック」なんていう言葉も最近耳にしますね。

テントウ・ムシ子
テントウ・ムシ子
コレ、難しく考える必要は全然なくて。
たとえば普段
今日は食事作りをお休みしたいな..
ちょっと疲れたな..
残業で遅く帰ってとにかくすぐ食べて寝たいな..
ジョナイヨ
ジョナイヨ
なんて時に、何を食べてますか??

その普段、時短の為に用意している食べ物こそが、自分にとっての非常食食材のヒントです!

非常食、災害食として売っている専用商品は、保存期間を長くするために普通より高価なことが多いです。
そのメリットが必要な場合は、専用商品を購入するのもアリ。上手に使い分ければ良いと思います


最強の非常食ランキング ジョナイヨ編

ジョナイヨ
ジョナイヨ
ということで、実際の備蓄品をランキング形式で紹介します!

「非常食選び 最強の条件」を満たす食品最強の非常食ランキング1位から3位!

1位 レトルトのおかゆ

味付きや、雑炊もいいですよ(^^)/

レトルトのおかゆ、雑炊レトルトのおかゆ、雑炊

2位 ウィーダーインゼリー

3位 レトルトカレー、丼

 

つまり、レトルトパウチの食品です。

1位のおかゆ、2位のウィーダーインゼリーは、それぞれ単独で1食となる点が上位の理由

おかゆはさらに、年齢問わずみなさんに好まれる食材、なんといっても日本人はお米!なので!


常温保存も可能なので、持ち出しのリュックに入れておく、ストックコーナーにストックしておく他、凍庫にも常備しましょう。

被災され、避難されている方への差し入れで喜ばれるおにぎりですが、実際のところ、中に具がないものが人気とのことでした。よく配布されるカレーと一緒に食べるときに、おにぎりの中身の具がカレーと合わないとのこと。

4位から6位

4位 缶詰

※非常食以外でも贈答品としての用途も見逃せないポイント

缶詰は味のバリエーションが豊富。ピック付きも便利缶詰は味のバリエーションが豊富。ピック付きも便利

5位 カップラーメン

6位 栄養ドリンク

缶詰が4位の理由、ズバリ、ゴミですね。災害時ってゴミがスゴイことになるんですよ….

そして、栄養ドリンクが、食というより飲料なのにランクインしている理由が..

実際に届けて予想以上に好評だったから。

被災直後、物資ももちろんありませんが、みなさん精神的なストレスで相当まいってしまっています。地震だと、余震の恐怖、これは体験しないとなかなかわからないと思うのですが、とにかく時間場所選ばず、カタカタタタ…….と来るので本当に心臓がキューってなるし、夜寝られないです。ので、相当後になって母から「栄養ドリンクで栄養補給できたのが本当に助かった」と言われました。

テントウ・ムシ子
テントウ・ムシ子
コンパクトでかさばらないこともポイント高い


お中元など贈り物にも使える缶詰も。いただいても嬉しい(^^)/いただいても嬉しい(^^)/

非常食としては王道の缶詰。

自分で購入してまでは..とお値段的に常食しないタイプの缶詰を、贈り物としてお中元やお歳暮、ちょっとしたお礼や景品として活用すると喜ばれるんです!贈り物をするとき。相手によって、品物選びは悩みどころだと思います。得にお中元やお歳暮だと、去年と違うもの、ほかの人と被らないもの、、デパートやカタログで何時間も費やしていませんか?

ちょっと高級で保存がきいて、場所も取らない缶詰食品。

非常食としても使える、というアピールポイントが!

ジョナイヨ
ジョナイヨ
ちなみに、、ちょいちょい実家に缶詰とかパウチの食品を送ってますが、フツーにすぐ食べてしまってるみたいで。。こういうオチは要注意なので、また実家に電話しとこ。。。


非常食 最強の備蓄量を考える

よく3日分と言われますが、最初から大量に用意しようとして挫折するより、まず始めるために、「命の水」同様基本量として、家族1日分の量を把握することからはじめよう!

単純に1日3食
二人なら1日6食

なので、

1人(ひとり)なら1日分=3食
2人(ふたり)なら1日分=6食
3人(さんにん)なら1日分=9食

この1日分の量を、具体的にそろえて、脳にしっかり刻んでください!

2人分(1日)だとこれくらい。2人分(1日)だとこれくらい。(避難所などの目安量ではなくジョナイヨ個人の感覚)

写真の例=成長期のお子さんだと、これだと全然足りないと思いますし、量や内容は各家庭で相談しながらワイワイ盛り上がってみてください!(^^)!

なれたら、×日数で、

ジョナイヨ的には1週間分くらい、あると良いかな、と思いますが、これも各家庭の事情に併せて相談してみてください。

そして、是非お伝えしておきたいこと。

避難所の食料備蓄量って、意外と少ない!!

震災後、近所の避難所になっている小学校に、食料の備蓄量について問い合わせました。児童数×3の3日分です。これおそらく、現実的には避難した人全員に配布したら3日は持ちません。
※避難所により異なりますのでお近くの避難所の食料備蓄量についてはご自身で確認してみてください

なので、基本は自力で3日分(最低限)準備!が安心!

ジョナイヨ
ジョナイヨ
できれば1週間分推奨です(^^)/

私が震災15日後に実家に行った時の状況としては、自宅避難者への食糧配給、1日に1世帯あたり菓子パン1つでした。それでも、0よりはマシという感覚でした。


一致団結!「最強の備蓄ルール」を作って家族で実践して行こう!

いきなり100%完璧なルールを作って守りつづけるのはハードルが高いです。

だからこそ、日々すぐに実践できることから、まずは、やってみよう!

普段スーパーやドラッグストアで買う飲料水、食品で非常食に活用できるものを、備蓄する習慣づけをする。

内容、量を少しずつ見直して、続けることで、最強の備蓄ルールを常にアップデート!

まずは1日あたりの必要量の把握。
食料は具体的に1日あたりの量を非常食を準備して把握。脳に刻む。

賞味期限をチェックする日も決めておこう!

  • チェックする日をあらかじめ決めておく
  • 黒の油性マジックで大きく賞味期限を書いておく

のをオススメ!お子さんも楽しんで備蓄に参加してくれますよ(^^)/

非常食には賞味期限を大きくマジックで書く!非常食には賞味期限を大きくマジックで書く!

 

※ぜひ味見もしてみよう!

ジョナイヨ
ジョナイヨ
最近賞味期限ロスして悔しい気持ちを引きずってる、タンパク質系でオススメの缶詰↓


家族で楽しみながら非常食を用意してみてください♪




それではまた! See You Next Jonaiyo again!「ジョナイヨ」で検索でOK!

ABOUT ME
アバター
jonaiyo
おひとりママ歴6年目、我が子を守りたい、ただそれだけで突っ走ってます。好きなテーマ「時短」。好きな言葉「先行投資」。経験は宝! 頑張っている人、応援しています(^^)/ それではまた! See You Next Jonaiyo again!「ジョナイヨ」で検索でOK!